東京都 小平市 花小金井 国分寺市 トリガーポイント 鍼灸治療 筋膜性疼痛症候群(MPS) 痛みやしびれに特化した治療院です

 トリガーポイント療法専門 もりかわ鍼灸治療院

TFCC損傷 - 疾患に対する解説

TFCC損傷はスポーツ特にグリップ動作を伴うゴルフやテニス、野球などにおいて高い頻度で発生します。

TFCCとは三角線維軟骨複合体(triangular fibrocartilage complex ; TFCC)の略称のことで、図のようにTFCCは背側・掌側遠位橈尺靭帯、三角線維軟骨、尺側側副靭帯を一括した総称で、手関節の尺側(小指側)の安定性を高めています。

TFCC損傷図

TFCC損傷は手首の小指側に痛みが生じ、転倒・交通事故による突発的なダメージが原因であったり、上記のスポーツをしていてボールを打つ際に手首を小指側に曲げる癖があり、慢性的に痛めることが多く、未熟なグリップ動作が原因となることが多くみられます。

TFCC損傷は再発や悪化を繰り返しやすいため、なかなか完治が難しいと言われており、しっかり治療して改善させないと、日常生活ではペットボトルのふたをあける動作や、タオルをしぼる動作などで痛みが生じ、スポーツではゴルフやテニス、野球など道具を用いる競技において痛みによりプレーが困難になることがあります。

 

TFCC損傷に対する治療法

TFCC損傷に対する治療法には保存療法と手術療法があります。

保存療法の第一選択はギブスや装具による安静と固定であり、疼痛の改善がみられない症状に対しては手術治療が検討されることもあります。

 

TFCC損傷に対する当院の治療

当院では今までにゴルフをしている方や、テニスをしている学生、運送業の方など多くのTFCC損傷の患者さんを治療しております。

当院ではTFCC損傷に対して以下の筋肉をメインにトリガーポイント鍼治療を行っています。

尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)

図1

尺側手根屈筋は手首を小指側に曲げる作用があり、TFCC損傷に深く関係している筋肉です。

方形回内筋(ほうけいかいないきん)

図2

方形回内筋は手のひらを反す作用があり、ゴルフやテニス、野球など道具を用いる競技でTFCC損傷がある方は外せない筋肉です。

TFCCの押していたいところ

図3

TFCCは多くの靭帯で囲まれた部分(図のの部分)なので、TFCC損傷の方々はここの靭帯の癒着があって痛めているので、図のようにTFCC部分に対して徹底的に刺鍼していきます。

IMG_4788 IMG_4787

TFCC損傷に対する当院の治療で症状改善の目安として7~8回です。もちろん中には軽症の方や重症の方がいらっしゃいますので、目安の回数には個人差があり変動はします。

 

TFCC損傷は長引かせてしまうと治りにくくなってしまいます。もしTFCC損傷でお困りの方がいましたら早期に治療をすることをお勧めいたします。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================