東京都 小平市 花小金井 国分寺市 トリガーポイント 鍼灸治療 筋膜性疼痛症候群(MPS) 痛みやしびれに特化した治療院です

 トリガーポイント療法専門 もりかわ鍼灸治療院

50代 女性

 

右肩の痛みが気になり始めたのは1年ぐらい前で、ほっとけばよくなるだろうと市販の湿布薬を貼りながら過ごしていた。一時期は痛みを気にせずにいられたが、去年の秋の気温が低くなってきたころから右肩が痛くなりはじめ、日に日に痛みが増してきて、服の脱ぎ着の時に右肩が痛くて左手で補助しながらでないと服を上手く脱ぎ着できなくなってしまった。整骨院でマッサージと電気治療をして一時的には良くなるが、また痛くなるという繰り返しであったため、もっと他に良い治療法はないかと色々調べていて当院のホームページを見て来院されました。

 

所見(問診・動作検査など)

・服の脱ぎ着の際右肩関節を外旋(右手を顔の位置から後頭部の方へ移動させる動き)させた時に肩の後ろから横にかけて痛みが生じる。

・座った状態で右手で後ろの物を取ろうとしたときに肩の後ろから横にかけて痛みが生じる。

右肩関節

屈曲(-),伸展(やや痛む),外転60°(+),外旋30°(++),水平外転45°(+)

 

治療

上記の問診と動作検査から右肩関節の動きに関連する棘下筋(きょっかきん)と三角筋(さんかくきん)に生じたトリガーポイントが原因であると判断して、トリガーポイント鍼治療を行いました。

棘下筋のトリガーポイント 三角筋のトリガーポイント

治療経過

一週間に2回のペースで一ヶ月間鍼治療をしていくことを伝えた。

 

1回目

鍼治療が初めてだったため、鍼治療後2日間ほど筋肉痛のような重だるさが残った。

可動域はまだ変化なし。

 

2回目

鍼治療後まる1日は痛みが軽減し、服の脱ぎ着の際の右肩の痛みは少し軽減した。

右肩関節の伸展時の痛みはなくなった。外転や外旋時の痛みはまだある。

 

5回目

服の脱ぎ着の際の右肩の痛みがはじめのころに比べて半分以下になってきた。

右肩関節の外転時の痛みがなくなった。外旋時の痛みはまだある。

症状が落ち着いてきたため治療ペースを一週間に1回に変更した。

 

8回目

服の脱ぎ着の際の右肩の痛みはほとんどなくなった。

右肩関節の外旋時の痛みは少しあるが可動域が広がった。

今回で治療を終了とし、家でできるストレッチなどの方法を伝え、セルフケアをして頂くように伝えた。

 

治療結果

今回の患者様の五十肩は棘下筋と三角筋に生じたトリガーポイントが原因によるものでした。

肩関節の筋肉1 肩関節の筋肉2 肩関節の筋肉3

肩には棘下筋や三角筋以外に図のように棘上筋や小円筋、肩甲下筋、大円筋、大胸筋、広背筋など多くの筋肉が付いているため、どの筋肉が痛みの原因になっているか探らなければいけません。そのためには、日常生活で「どのような動きをしたときに痛みが生じるのか?」「どうすると痛いのか?」をしっかり把握して、その時に作用する筋肉をしっかり理解したうえで治療しなければ良い結果が得られません。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

パソコン作業を長時間していると目が疲れたり肩が凝ったりすると思います。

パソコンのディスプレイを長時間見続けることで、目が乾いたり目が疲れやすくなる症状をVDT(Visual Display Terminal)症候群といいます。

VDT症候群になってしまうと目の症状だけでなく、頭痛や肩凝り、首や背中が痛くなったり、症状が悪化すると腕に痺れが生じるようになってしまいます。

最近ではスマートフォンの普及に伴いスマートフォンを長時間見続ける方が増えてきているため、目の疲れやVDT症候群になる方が増えてきています。

パソコン作業やスマートフォンの操作をしていると、顔を下に向け顎を少し前に出した姿勢になります。この姿勢を長時間していると首の後ろの筋肉に負担がかかり、繰り返し負担をかけることで、首の後ろの筋肉を痛めてしまいます。首の後ろにはいくつか筋肉があり、その中で目の疲れや頭痛、首の痛みに関連する代表的な筋肉が頭板状筋頭半棘筋後頭下筋群です。

頭板状筋

頭板状筋

頭板状筋に生じたトリガーポイントが悪さをすると頭痛(側頭部の痛み)や目の疲れや痛みをひき起こすことがあります。

頭半棘筋

頭半棘筋

頭半棘筋に生じたトリガーポイントが悪さをすると首の痛みや頭痛(後頭部の痛み)を引き起こすことがあります。

後頭下筋群

後頭下筋群

後頭下筋群に生じたトリガーポイントが悪さをすると首の痛みや目の奥の痛みを引き起こすことがあります。

後頭下筋群は各々が小さな筋肉なので大きな動きはしませんが、パソコン作業やスマートフォンの操作で画面を見渡す際の首を微細に動かす時に作用します。そのため、パソコン作業やスマートフォンの操作による目の疲れや痛みに対して後頭下筋群の治療は重要になります。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

40代 男性 造園業

仕事柄中腰姿勢をすることが多く、腰の痛みは慢性的にあった。

2月はじめ頃重い石を持ち上げようとしたときにぎっくり腰になり、2~3日間ほど動けずにいた。しばらくして腰に痛みはあったものの動けるようになり、コルセットをして腰の痛みをごまかしながら仕事をしていた。1ヶ月ほど前から仕事中に右足(太ももの外側からふくらはぎにかけて)に痛みを感じるようになった。右足の痛みは日に日に強くなってきて、近くの整形外科へ行ったが、骨には異常がないと言われた。特に治療することがなかったため、他に何か良い治療はないかいろいろと調べて当院へ来院されました。

 

所見(問診・動作検査など)

右足の痛みが生じるのは仕事中で、寝ている時や座っている時など安静にしていれば右足に痛みは生じない。

整形外科的テスト

SLRテスト:

左:90度

右:60度・・・太ももの裏からふくらはぎにかけて突っ張る感じはあるがしびれは生じていなかった。

前屈(―)

後屈(+)

右股関節の外転(+),伸展(+),屈曲(―)

 

治療

上記のことから右足の痛みの原因はヘルニアによる可能性は低いと判断し、腰の深部にある多裂筋とお尻まわりの大臀筋や中臀筋に生じたトリガーポイントによるものと判断して治療しました。

多裂筋のトリガーポイント 大臀筋のトリガーポイント 中臀筋のトリガーポイント

1回目

腰は軽くなった。右足はまだ痛む。

 

2回目

腰を反った時の右足の痛みは和らいできた。仕事が忙しくなると右足に痛みが生じる。

 

3回目

以前は座った状態から立ち上がる瞬間など動き始めに右足に痛みを感じていたが、今はほとんど感じることがなくなった。仕事中は右足に痛みがある。

 

4回目

仕事中に右足の痛みが気になることは少なくなってきた。

現在は痛みが気になる時に治療している。

 

治療結果

今回の患者様はヘルニアを心配されて来院されましたが、結果的にはヘルニアではなく多裂筋や大臀筋、中臀筋に生じたトリガーポイントが原因による症状でした。

 

私は大学で硬式野球をしていて腰のヘルニアになり手術もしました。

体験談になりますが、腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要なのは「足のしびれが酷い(安静にしていてもしびれが生じている)」、「腰が痛くて真直ぐ立つことができない」など、症状が重い場合や膀胱直腸障害のみだと思います。ヘルニアだからといって必ずしも手術をしなければいけないわけではありません。まずは痛みの原因をしっかり把握して的確に治療することが重要です。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

10代 男性

高校で硬式野球をしていて、外野手でレギュラーに選ばれ、今年の夏に向けて一週間の内5日間は練習をしている。

以前から右肩は痛いこともあり普段通っている整骨院で電気治療などをしていたが、ここ最近練習前のキャッチボールをする際、ボールを投げ終わる時(リリース期)に肩甲骨から肩の側面にかけてズキッと痛むようになった。塁間を投げるのがぎりぎりで、遠投は今はできない状態で、このままだとレギュラーを外されてしまうため、何とか治したいと思い、ネットで調べて当院へ来院されました。

 

 所見(問診・触察・動作検査)

・リリース期に肩甲骨から肩の側面にかけてズキッと痛む

・触察時三角筋後部線維の筋肉の筋緊張が強かった

・右肩関節の外旋時及び水平外転時に痛みがある。

 

治療

上記の所見から棘下筋(きょっかきん)と三角筋(さんかくきん)に生じたトリガーポイント(図参照)が原因でリリース期に痛みが生じていると判断して、トリガーポイント鍼治療を行いました。

棘下筋のトリガーポイント 三角筋のトリガーポイント

練習や試合は休めないため早く治したいとのことだったので、一週間に2回のペースで一ヶ月間通うことと、練習後のクールダウンの方法や肩まわりの保護のためのキネシオテープの鍼方などを伝えました。

 

治療経過

1回目

2日間ぐらい筋肉痛のような重だるさが残った。投球時の右肩の痛みはまだ変わらない。

 

2回目

治療後の筋肉痛のような重だるさは感じなくなった。投球時の右肩の痛みはまだ変わらない。

 

3回目

投球時の右肩の痛みは塁間ぐらいであれば少し痛む程度で、遠投時はまだ痛む。

 

8回目

遠投時痛む回数は減ってきた。投げすぎると右肩が痛くなる。

 

現在も一週間に1回のペースで治療中。

 

治療結果

今回の患者さんは練習や試合による右肩のオーバーユースによる症状だと考えられます。練習を休むとレギュラーを外されてしまう恐れがあるため練習を休めず、右肩の筋肉の疲労が回復しない内にまた練習を繰り返すことで、今回のように右肩が痛くなってしまったのだと思います。

スポーツの現場ではトレーナーがしっかり選手一人ひとりの体調を管理して、ケガの予防をしなければなりません。トレーナーが不在のところは指導者がしっかり管理しないといけません。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

ぎっくり腰になるタイミングは人によって様々です。最も多いのが重いものを持ち上げようとした瞬間に痛めるパターンだと思います。その他にはくしゃみをした瞬間や寝返りをした瞬間、後ろの物を取ろうと腰を捻った瞬間など、ぎっくり腰になる原因はまだまだ数えきれないほどのパターンがあります。

その中でも今回は椅子から立ち上がろうとした瞬間に痛むぎっくり腰について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

椅子に座っている状態では股関節は90度に屈曲していて骨盤はやや後ろに倒れている(後傾)状態です。

この状態から立ち上がる際、➀股関節はより鋭角に屈曲され、②骨盤は後傾から前に倒れます(前傾)。③さらにこの時腰は若干反り気味になります。このように、椅子から立ち上がろうとする時には3つの動きが関係してきます。この3つの動きにおいて以下の筋肉が関係してきます。

 

「➀股関節を鋭角に屈曲させる」「②骨盤を後傾から前傾にする」に係る筋肉

➀②に係る筋肉は大腰筋です。

大腰筋

大腰筋という筋肉は腰椎の肋骨突起から大腿骨の小転子に付いている筋肉で、股関節を屈曲させるときに最初に動き始めるのがこの大腰筋になります。

大腰筋を痛めてしまうと図のような赤い分布のところに痛みを生じさせることがあります。

大腰筋トリガーポイント

「③腰を反り気味にする」に係る筋肉

③に係る筋肉は多裂筋です。

多裂筋

多裂筋という筋肉は仙骨から頸椎まで長い筋肉で、特に腰椎あたり最も厚く、身体を反ったり、姿勢を維持するときに作用します。

多裂筋を痛めてしまうと図のような赤い分布のところに痛みを生じさせることがあります。

多裂筋トリガーポイント

 

今回はぎっくり腰になるタイミングの中で椅子から立ち上がろうとした瞬間についてお伝えしました。他にもぎっくり腰になるタイミングは色々ありますので、ぎっくり腰の治療で重要なのは「どんなタイミングで痛くなったか」「どうすると腰が痛むか?」になります。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

足首の捻挫には軽度のものからあざが残ったり足首の骨折まで様々な症状があります。

足首の捻挫のほとんどが内反捻挫(足首を内側に捻る)です。内反捻挫をすると足首の外側が腫れて炎症を起こします。

炎症している場合はまず冷やして足首を動かさないように固定することが重要です。

炎症や腫れがひくと大抵の場合は足首の痛みは治まります。しかし、稀に痛みが治まらないときがあります。このような場合は図の長腓骨筋や短腓骨筋に生じたトリガーポイントが原因であることが多いです。

長腓骨筋 短腓骨筋

長腓骨筋や短腓骨筋は足首を外反(足首を外側に捻る)作用があります。内反捻挫の際、長腓骨筋や短腓骨筋は引き伸ばされます。この時、長腓骨筋や短腓骨筋が引き伸ばされすぎると痛めてしまい、トリガーポイントができてしまいます。トリガーポイントができやすい場所は図の〇のような筋肉と腱とのちょうど分れ目あたりです。

長腓骨筋トリガーポイント 短腓骨筋トリガーポイント

このトリガーポイントをしっかり治療することで、足首捻挫の後の足首の痛みも改善していきます。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

50代 男性 システムエンジニア

症状

仕事上一日中パソコンに向かっていることが多く、集中している時はパソコン画面にくぎ付けになってしまうそうです。

首肩のこりは慢性的で、ここ数年は仕事終わりには頭が痛くなってしまい、ロキソニンや筋肉を緩めるビタミン剤を飲んでごまかしながら過ごしていたが、最近は一日中頭が痛い日が続き、仕事に集中できなくなってきてしまい、いろいろと調べて当院へ来院されました。

所見(問診・動作検査・触察など)

お話を伺うと、仕事でパソコンを見る際に顎を突き出すような姿勢になっていて、また触察した際首の外側と後頭部から背中にかけて筋肉の緊張が強く張っているのが確認できました。後ろを振り向くときに首に痛みを感じるとおっしゃっていました。

治療

上記の所見から肩甲挙筋(けんこうきょきん)、頸板状筋(けいばんじょうきん)、頭半棘筋(とうはんきょくきん)に対してトリガーポイント鍼治療を行いました。

肩甲挙筋

肩甲挙筋

パソコン作業で集中して肩をすくめる姿勢になった時に肩甲挙筋に負担がかかります。また、肩甲挙筋は後ろを振り向くときなどに使われる筋肉です。

肩甲挙筋を痛めると首肩こりや頭痛をひき起こすことがあります。

頸板状筋

頸板状筋

頸板状筋は後ろを振り向くときに使われる筋肉です。

頸板状筋を痛めると首肩こりを引きおこすことがあります。

頭半棘筋

頭半棘筋

パソコン作業で集中して顎を突き出す姿勢になった時に頭半棘筋に負担がかかります。

頭半棘筋を痛めると頭痛をひき起こすことがあります。

治療経過

今回は症状が酷いため1週間に2回来院して頂き、8回の治療で症状が改善しました。

現在はまた同じ症状を引き起こさないために月に2回メンテナンスとして来院して頂き、また日常生活の過ごし方などをお伝えして、セルフケアも心掛けて頂いております。

首肩こりを侮ると慢性化してしまい、頭痛の原因にもなりますので、首肩こりを患っている方は日常生活の姿勢や過ごし方を見直す必要があります。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

20代 女性 教職員

 

症状

一週間ほど前に床に落ちたものを椅子に座ったまま拾おうとした際に、右腰に激痛が走った。それ以降真直ぐな姿勢ができなくなり、また咳をしたりくしゃみをしたときに右腰に響くように痛む。

一週間経っても右腰の痛みが引かないので、しっかり治そうと思い、当院へ来院されました。

 

問診・動作検査

・背筋を伸ばすと右腰が痛むため、座っている時や歩いている時はやや前屈みで左に傾いた姿勢になってしまう。

・お腹に力を入れると右腰に響くような痛みを感じる。

・前屈みは痛くないが、腰を反る時に痛みが生じる。

・腰を右にひねったり、右に傾くと痛みが生じる。

 

治療

問診や動作検査から右腰の多裂筋、最長筋、腰方形筋に痛みの原因があると判断し、トリガーポイント鍼治療を行いました。

図1

治療開始から3回目にはほとんど痛みなく、姿勢も背筋を伸ばせるようになり、咳をしたりしても腰に響くこともなくなりました。

 

治療結果

今回のぎっくり腰は軽度の症状だったので早期治療で早期改善しました。

腰痛は慢性化させてしまうとぎっくり腰を繰り返してしまうことがあります。

ぎっくり腰にならないよう普段から腰の柔軟や腰を冷やさないように心がけてください。

 

また、今のような季節の変わり目はトリガーポイントが活性化しやすいため、ぎっくり腰にもなりやすいので、みなさん腰のケアをしっかりしてください。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

腱鞘炎は美容師や料理人など指をよく使う人がなりやすかったのですが、最近ではスマホの使い過ぎで腱鞘炎になる人が多く、当院にもスマホの使い過ぎで腱鞘炎になった方が数名来院されたことがあります。

スマホを使う時、ほとんどの方がスマホを持った手の親指で画面を操作すると思います。スマホを使う時間が長いほど親指を酷使してしまい、その結果親指の腱鞘炎になってしまいます。

 

筋肉には、腱と呼ばれる結合組織があり、筋肉の力を指先に伝える役割を果たします。この腱は、腱鞘と呼ばれるトンネル状の組織の中を通っているのですが、スマホなど指の使い過ぎで腱と腱鞘が擦れあう回数が多くなると、腱と腱鞘の間で炎症を起こしてしまい、腱鞘炎になってしまいます。

図2

腱鞘炎に対するトリガーポイント鍼治療

当院では親指の腱鞘炎に対して、親指を動かしている筋肉である長母指伸筋短母指伸筋長母指外転筋これらの腱に対して刺鍼していきます。

図1

親指は他の4指と異なり自由度があるため、どの筋肉が痛んでいるのか細かく区別して治療しなければなりません。この区別ができないと治療してもなかなか改善しないので、当院では治療前に動作検査をしたりどんな時に痛むのかをしっかり聞いて、どの筋肉が痛んでいるのかを的確に判断していきます。どの筋肉が痛んでいるのかがわかればその筋肉に対してトリガーポイント鍼治療を行うことで腱鞘炎が改善していきます。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================

膝の痛みについて前回お伝えしましたが、今回は当院が行っている膝の痛みに対する治療法をお伝えいたします。

 

まず当院で重要視しているのが、「どうすると」「どんな時に」膝が痛むの?ということです。

 

例えば階段の場合、上りと下りで膝の筋肉は作用が異なります。

上りでは階段を踏み上がる時に膝が痛むことが多く、この場合ですと図のように膝の裏の筋肉(ハムストリングス:半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋)にトリガーポイントが生じているため、当院ではこの部位に対してトリガーポイント鍼治療を行います。

図2

下りでは膝を伸ばした状態で片脚に全体重が載った時に膝が痛むことが多く、この場合ですと図のように膝の表の筋肉(大腿四頭筋:大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋)にトリガーポイントが生じやすいため、当院ではこの部位に対してトリガーポイント鍼治療を行います。

図1

これらの筋肉以外にも膝の痛みの原因になる筋肉や靭帯もあります。

例えば膝を内側に入れた時に膝の内側がズキッと痛む場合ですと膝の内側の靭帯(内側側副靭帯)が痛んでいることが多く、あぐらをかくときに膝の外側がズキッと痛む場合ですと膝の外側の靭帯(外側側副靭帯)が痛んでいることが多いなどがあります。

 

以上のように、膝の痛みは膝の動きや痛む場所によって治療する場所が変わってきます。膝は生活をする上で常に使われている関節です。そのため痛めやすい部位でもあるので、痛みをほっておくと慢性化しやすいため、早めの処置が重要です。

※施術効果には個人差があります。

===================

MPS、トリガーポイント専門治療院
もりかわ鍼灸治療院
東京都小平市花小金井南町1-12-2
コンフォール花小金井105
℡042-312-3363

===================